「センター試験まであと30日」の時点で合否は決まっている件

「センター試験まであと○○日」

私の通っていた予備校では、センター試験100日前からカウントダウンの張り紙がされていた。

私はそのカウントダウンを現役時代と浪人時代の2度見たわけだが、今回は、そのカウントダウンを見たとき何を感じるかで既に合否は決まっているという話。

 

現役時代に感じたこと

現役時代、カウントダウンが30日を切ったとき「あ、終わった・・・」と感じた。

受験生であるはずの3年生になってからもほとんど自主的な勉強という勉強をしてこなかった私は、センター試験1ヶ月前になっても未だエンジンが掛からずにダラダラと過ごしていた。

もう1ヶ月しかない!

そう感じた私は、勉強の追い込みに励むかと思いきや、「今更勉強を頑張ったところで変わらないだろう」と余計モチベーションを下げて勉強から遠のいていった。

しかし、いよいよセンター試験まで「あと3日」となったとき、その翌年に成功するための重要なヒントを掴むことができた。

それは、「残り3日だと本当に何もできないが、今考えると残り30日はまだいくらでも対策のしようがあったな」ということである。

30日という日数は意外と長い。

過去問をやり込むにしろ、苦手分野を克服するにしろ、十分な時間である。

結局、現役時代の私は「あ〜、もっと勉強しとけば良かったな〜」という後悔だけをして、センター試験を始めとした大学受験に大コケし浪人することとなった。

 

浪人時代に感じたこと

現役時代の反省を胸に1年勉強した私は、再び「センター試験まであと30日」のカウントダウンを迎える。

残り30日でも、まだまだ何でもできるということを学んだ私は特別焦ることもなく、これまで通り勉強に集中した。

というより、まだまだやらなければならないことが沢山あり過ぎて、残り日数を気にして悩んでいる暇がなかった。

E判定でも合格する受験生の「条件とその方法」」でも書いたが、試験直前は過去問のやり込みと曖昧になっている知識の定着に全力を注いだ。

 

努力しなかった人間ほど残された時間を嘆く

これは受験以外の物事にもあてはまるかもしれないが、残り日数を嘆くのは、それまで努力をしてこなかった人間である。

努力をしていた場合、残り日数で具体的に何をすればいいのか、それまでの積み重ねの中で見えているため、たとえ残り日数が足りていない場合でも「やるだけはやってやる」という方向に意識が向かいやすい。

そのため、残り日数の少なさに頭を抱えている暇などない。

残り日数が気になるということは、それまでの自分の勉強量に不安を抱えているということであり、残された時間で何をしたらいいかが見えていないという証拠である。

 

まとめ

大学受験は、最後の1ヶ月、2ヶ月の時期が最も重要である。

本番当日まであと3日ともなると本当に何もやることがない。

ベストコンディションで受けられるよう体調を整える、ホテルの場所や試験会場までの行き方を確認するくらいである。

仮に残り日数に嘆くとしても、残り3日まで我慢してそれまでは勉強に全力を注いでほしい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

         

ページ上部へ戻る