信州大学(長野)に合格した私のセンター試験の「対策・体験談」

「センター試験」は、大学受験を控えた受験生にとっての第一関門です。

これから、私の体験をもとにセンター試験の対策をお教えしたいと思います。

 

2014年のセンター試験結果

私が受験したのは2014年のセンター試験です。

このとき私は1つ、大失敗をしてしまいました。

というのも、模試などでもずっと高得点を取れていた得意科目「倫理政経」で思ったほど点数が取れなかったのです。

得意科目という慢心する気持ちから受験期間後半は復習を怠りがちになり、結果、本番で失敗するという結果になってしまいました。

その他、文系だった私は「国語」「英語」「日本史」を得点源にしていました。

しかしながら、実際高得点を取れたのは「英語」と「日本史」のみ。

「国語」は2014年かなり難化したといわれており、思うような点数を取れずに終わってしまいました。

理系科目として選んだ「生物」は、高校の生物の先生がとても熱心に教えてくれたおかげで8割取ることができました。

 

効果的な暗記方法

とにかく何度も「繰り返すこと」が大事です。

覚えたい箇所については、毎日5分でもいいので必ず復習をしてください。

そうすることで記憶に残り、本番でパニックになっても思い出しやすくなります。

私は最初に述べた「倫理政経」は、この繰り返しを怠ったせいで失敗してしまいました。

英語については、単語帳の中で覚えきれない単語を紙に書き出し、繰り返し練習することで点数を安定させることができるようになりました。

長文問題において単語が分からないと何についての文章なのか理解できませんよね。長文が苦手という人は、長文の中の分からなかった単語をルーズリーフなどに書き出す、これだけでもだいぶ頭に残ります。

 

受験生へのアドバイス

高得点を取りたいと考えている受験生の方へ、私からちょっとしたアドバイスをしたいと思います。

私がセンター試験で8割以上取れた科目は「英語」「生物」「日本史」です。

「英語」は、センター試験が近付いてからは上で述べた単語や熟語の暗記しかしていませんでした。

センター試験の傾向が掴めてきたら、そこまで繰り返し過去問を解く必要はないように思います。

「生物」「日本史」は、ひたすら模試や過去問を解くことに力を入れました。

間違えたところは解説を徹底的に読み込み、少しでも疑問点を感じたら教科書や参考書を調べてノートに整理していくという作業を行いました。

 

最後に

センター試験は長時間の戦いですので、試験の合間にチョコレートなどの甘いお菓子を食べると良いです!

かなり疲れに効きますよ。

有益な情報が伝えられたか不安ですが、2015年の受験生の皆さんを心から応援しています。

頑張ってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

         

ページ上部へ戻る