得点力大幅アップ!英語や国語の「長文読解」をモノにするための2つの方法

【立教大学合格:女性】

「英語や国語の点数が伸びない・・・」

こう言っている人に苦手な問題のタイプを聞くと、ほとんどの場合「長文読解です」という返事がきます。

それは、当然のこと。

長文読解問題には、大量の得点が割り当てられています。

100点満点のうち、70点や80点はザラ。

ここで点が取れなければ、たとえ残り全部を正解したとしても、合格ラインには届きようがありません。

「長文読解をいかにモノにするかが、大量得点できるかどうかの分かれ道」なのです。

では、どのようにしたら長文読解問題が解けるようになるのでしょうか。

 

長文を読むコツとは?

ポイントは、2つあります。

「文章を読むスピードを速くすること」、そして「内容を把握するスピードを上げること」です。

 

文章を読むスピードを速くする

まず、文章を読むスピードを速くすることについて。

いわゆる速読術ですが、ちまたで宣伝されているようなスピードラーニングを勉強する必要はありません。

受験生には、そんなことにかけるお金や時間はないですよね。

速読術に必要なのは、「動体視力」

動いている物体を見る能力のことです。

飛んでくる野球のボールを見るのと同じですが、文章の場合は目のほうを速く動かすことになります。

訓練としては、とにかく動いているものを見ること。

走っている電車から近距離の看板を見たり、走り去る自動車のナンバーを読み取ったり・・・。

ネットで「動体視力」をキーワード検索すると、無料の訓練ゲームも出てきます。

もちろん、本やマンガなどを大量に読むという手もあります。

勉強の間のスキマ時間を使って、気晴らしを楽しみながらやってみるといいですね。

 

内容を把握するスピードを上げる

もうひとつは、文章を読むときに視点、つまり問題意識を持つことです。

ただ漫然と読んだ場合と、何か問題意識を持って読んだ場合では、頭に入ってくる情報が全く違います。

問題意識があれば、読んだ後「ふーん」で終わることはありません。

「筆者はこういうことが言いたかったんだな」

「この点は他にも応用できそうだ」

などと、より印象が具体的になるはずです。

では、どういう問題意識を持ったらよいのでしょうか。

その回答は、問題文にあります。

長文読解問題の場合、先に長文があり、そのあとに問題文があるため、問題文より長文を先に読んでしまいがち。

でも、その気持ちをぐっと抑えて長文を飛ばし、先に問題文を読みます。

そして、問題文のキーワードに傍線をつけたり、○で囲んだりして目立たせ、これを問題意識として頭に叩き込みます。

その後に長文を読めば、スッと頭に入ってくることでしょう。

少なくとも、長文を読み、問題文を読んで、また長文を・・・という無駄な反復は避けられると思います。

 

まとめ

いかがでしか?

ちょっとした工夫で、全く得点力が違ってくるのです。

ぜひ、長文読解問題をモノにして、合格を決めてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

         

ページ上部へ戻る